物語は丘の上から始まった

遙か悠久の昔、人々の営みは、満ちくる海の傍、丘の上の暮らしから始まった。
浜松市街を見下ろす、ここ富塚の大地では、縄文の昔から人々の生活がとぎれることなく続いてきた。
小さかった集落は、やがて村となり、街となり、数千年の時が流れ、
ふたたびこの地で光が満ちあふれる新しい物語が始まった。